忍者ブログ
  • 2019.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/06/20 20:17 】 |
英語のリスニングの秘密
英語っていうのは、日本語と周波数が違って、日本語になれた耳では聞こえにくい周波数が使われていたりします。とくにイギリス英語とのズレがたしか大きかったはず。

10年くらい前に、一度リスニング能力を向上するための講座のお試しに行ったことが会ったんだけれど、なんだか、ヘッドフォンで最初に、右、次に左に、同じ英文を聞かされて、確か左側が聞きやすくて、英語の周波数には左の耳のほうがあっています、みたいなことを言っていた人がいたなー。

いまでは、この周波数のズレっていうのを知っている人は多い。

そんなところで、このリスニングパワーっていう教材も大人気なんだろうな。

リスニングパワー 口コミでは、結構評価が高そうですね。

インドで食べた日本のカレー
すいすい金魚のつぶやき

PR
【2011/02/10 14:52 】 | TOEIC | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
顔がつっぱる 洗顔フォームを使いましょう。
 昨日、洗顔フォームがなかったので、思わず、手近にあった固形石鹸で顔を洗ってみたんですが、あれ、いかんですね。

顔をタオルで拭いてまもなくしたらピキピキ来ました。

ローションもないし、そのまま放っておいたんですけれど、つっぱると痛いんですよね。

そういえば、昔、ある芸能人が、ニキビに悩んでいるがどうしたら良いかって言うのを、

あの、かの有名な高須クリニックの委員長にテレビで聞いているのを見たのですが、

そしたら、高須先生、水で顔を洗いなさいっていってました。

そして、そのあと、何もつけるなと。

それをしばらく続けると、肌が慣れてきて、自然に保湿するようになるらしいです。

でも、それまでは、ピキピキをこらえるってことですかね。

泥豆乳石鹸 激安
砂場のひまわり
すいすい金魚のつぶやき
 

【2011/02/07 13:10 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
英語教材の『リスニングパワー』の考え方
 リスニングの教材は山ほど溢れている。

リスニングパワー』というス言語学者コット・ペリーの教材は、
そのうち、日本人がリスニングで一番苦手な、「音」そのものをカバーする教材。


リスニング能力って言うのは、以下にbread downできるわけ。

①英語の周波数そのものが聞こえる
②語彙を持っている(sky は空って知ってる)
③普通に話したときの単語の音の変化を知っている(out of => アウダ)
これに加えて、それほど重要ではないが
④文法

で、②、③、④ってのは、普通に今まで通り頑張れば、伸ばせる。

でも、聞こえない音ってのはおとなになってからだと、聞こえるようになるためにちょっと時間がかかる。

モスキート音を聞こえない大人が聞こえるようになるのは至難の業だが、
要は、自分の周波数の外にあるわけだから、ちょっと慣れるまで時間かかるわけ。

この①に的を絞った珍しい教材ですね。
【2011/02/02 17:46 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
英語のリスニングの考え方
 リスニングの教材は山ほど溢れている。

リスニングパワー』というス言語学者コット・ペリーの教材は、
そのうち、日本人がリスニングで一番苦手な、「音」そのものをカバーする教材。


リスニング能力って言うのは、以下にbread downできるわけ。

①英語の周波数そのものが聞こえる
②語彙を持っている(sky は空って知ってる)
③普通に話したときの単語の音の変化を知っている(out of => アウダ)
これに加えて、それほど重要ではないが
④文法

で、②、③、④ってのは、普通に今まで通り頑張れば、伸ばせる。

でも、聞こえない音ってのはおとなになってからだと、聞こえるようになるためにちょっと時間がかかる。

モスキート音を聞こえない大人が聞こえるようになるのは至難の業だが、
要は、自分の周波数の外にあるわけだから、ちょっと慣れるまで時間かかるわけ。

この①に的を絞った珍しい教材ですね。
【2011/02/02 17:46 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
スティーブン・ベラルディの『ネイティブ・イングリッシュ』について
 最近、メチャメチャ流行ってますよね。

いや、スティーブン・ベラルディの『ネイティブ・イングリッシュ』がじゃなくて、こういった、
語学を教える、情報商材という物。

たいていは、何か秘匿性の高い情報があって、それがあれば、
めちゃめちゃ効率的に語学が学べるんだよーって。

で、こういう情報商材は買う前はなーんにも中身分からない。

本屋のように、パラパラと中身をめくって、これ、私に合ってるじゃん!って言って
買うことはできないのです。

ところが、この『ネイティブ・イングリッシュ』は、驚くべきことに、

返金保証付き。

しかも、返金時に、利用者がちゃんとそれを使って勉強したのに効果が出なかった、なんてことを
証明する必要もない。

これなら、やって見る価値はあるのではないかと思ったわけです。

でも、わらっちゃった。

スティーブン・ベラルディさん、まずは、自分のブログちゃんと締めといたほうがいいよ。
あと、Linkedinとかさ。

たしかに、ちゃんとした資格と経験のある先生なんだろうけれど、

あんなのが読まれちゃったら、権威台なし。

今日もビタミン
北の風 南の太陽
【2011/02/02 17:08 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>